薪置き場
薪置き場
高尾の家(自宅)の裏庭を、休日に少しづつ整備してます。

裏庭は、バーベキューをしたり、洗濯を干たり、薪を割ったり、バックヤード的に使ってます。

先日、裏庭に薪置き場を造りしました。
防草シート下地に砂利を敷き、その上にアンカーが取れる室外機に使う基礎ブロックをレベルを取りながら並べ。
米松の60角材を使用して、腐食防止塗料を塗り土台を組みフレームを作り、屋根下地にベニアを貼り。
少しだけ屋根勾配をとり、その上にガルバリウム波板の屋根を傘クギで止めて、継目をコーキング、防水テープを貼り。
最後に全体を再塗装して完成。

ホームセンターで、悩みながら材料を選び、自分で造るDIYって、楽しいですね。
自分の家 - -
高尾の家 写真
高尾の家 写真
photo:Sigeo Ogawa


「高尾の家」の竣工写真。
撮影は、写真家の小川重雄さんです。

なかなか時間がなくホームページのトップだけ、この写真に変更しました。
外観の夕景の決めの一枚で、とても綺麗に撮影していただきました。
他にも良い写真が沢山あるので、また後日、ホームページにて公開したいと思います。

夜に全開口して撮影したので、虫の侵入を心配しましたが、2匹ほどですみました(笑)
自分の家 - -
日除け
日除け
本当に暑い日が続きますね。

自宅の北側のデッキに日除けのタープを設置しました。
デッキスペースは台型のため、本当は、タイベックスシートで自作するつもりだったのですが、諦めて既製品を購入。
三角形のタープを交互に2枚設置する予定で、とりあえず1枚買って設置して、もう1枚購入しようと思ったら、なんと売切れ。
ここのところの猛暑日の連続ですからね。
自分の家 - -
自宅の写真撮影
自宅の写真撮影
庭の緑が少し成長してからと思い、引越しして一年が経ち、やっと自宅の写真撮影をして頂きました。

写真の現像が楽しみです。

(自分でGRの手持ちで一枚。画質が悪すぎ、、、)

自分の家 - -
子供部屋
子供部屋
春に長女が小学校に入学しました。
空っぽだった子供部屋も、年明ぐらいから、ボチボチと準備きました。
姉妹なので将来は、7.5畳を簡単に間仕切る予定です。

二段ベットは楽天。
ピンクの小さな机と収納、テーブルライトは立川のIKEA。
(勉強は、小さい頃はダイニングテーブルでもできるので)
椅子だけは、長く使えるものとHAYの「Ru Chair」にしました。

以前、大きな家具屋さんに行ったと時、学習机コーナーのキャラクター机の前にそそくさと座り、椅子を回転させながら、ニコニコしていた娘。

少し大きくなった時に理解してくれるかな…。
お父さんの仕事。
自分の家 - -
私の家造り(26)「最後に、一年経って」
私の家造り(26)「最後に、一年経って」
私の家造り(26)「最後に、一年経って」

テレビ放映の件もあり、リアルタイムでブログは書けませんでしたが、ちょくちょくメモを書いていたので、家造りの記録としてアップしてみました。

もうすぐ、高尾の家での暮らしも1年を迎えます。
感想としては、まだ1年?と思うぐらい、以前から暮らしていたかのように感じております。
週末は、出かけることも少なくなり、休日は家で過ごす時間が多くなりました。

高尾の冬は寒く、事務所のある新宿から電車に乗り高尾駅で降りると、かなり冷え込みを感じます。
また、山沿いを抜ける東西の風があり、春から秋にかけては窓を開けると、この風が心地よく感じます。

鳥のさえずりが絶え間なく聞こえ、裏山にイノシシやヘビがでたり、下の川では天然のホタルが飛んだりと、とにかく自然豊かです。山々の風景は、四季を通じて移り変わり、それらの自然は、飽きることのない魅力を感じさせてくれます。

幼少の頃、宅地化される前の田園風景の中を走りまわって育った私には、ここでの暮らしがあっているように思います。

建物も一年経ちましたが、内部の壁の塗装にも殆どクラックもでず、またトラブルもありません。改めて職人皆さんの仕事の良さを感じて、感謝しております。

庭の緑も徐々に増えてきて、芝生や植木に鳥たちが来るようになりました。それを見ながら、少しずつ住まいが、この環境に馴染んできているのかなと感じております。

これからの高尾での暮らしについても書いていけたらと思います。

(設計にご興味がある方には、ご気軽に高尾の家を見て頂ければと思っておりますので、お問合せ下さい。ショールームみたいなものでもあるので)
自分の家 - -
私の家造り(25)「引越し」
私の家造り(25)「引越し」
私の家造り(25)「引越し」

6月27日
金曜日に休みをとり、子供たちは保育へ送り、ハイエースのレンタカー借りて、妻と二人で荷物を運びました。
冷蔵庫や洗濯機は新しく購入したので、大きな荷物はベッドぐらい。
それでも家族4人の荷物は、いつの間にか増えていて、2往復しました。
階段の搬入は、とても辛く、職人さん達の苦労が身に沁みました。

結婚から12年暮らしたマンションともお別れ、新しい住環境での生活が始まりました。

新しい住まいを、これからゆっくりと手を入れていきたいと思っております。

自分の家 - -
私の家造り(24)「完成・引渡し」
私の家造り(24)「完成・引渡し」
私の家造り(24)「完成・引渡し」

6月25日
無事に引渡しの日を迎える事ができました。
この難工事を、ここまで仕上げて下さった全ての職人さん達に感謝です。
引渡しは、何度も現場を確認しているので、玄関の鍵や書類などを頂き、直ぐに終わりました。

西本工務店さんも帰り、一人で家に入ると、完成した喜びが湧いてきました。
と同時に、いつも職人さん達で賑やかだった現場はとても静かで、何もない家は、清涼な雰囲気で、それが少し寂しいようにも感じました。

今日から自分達の家になったわけですが、まだまだ、引越しの準備など、やる事が沢山あります。
落ち着くまでには、しばらく時間が掛かりそうです。
自分の家 - -
私の家造り(23)「外構工事」
私の家造り(23)「外構工事」
私の家造り(23)「外構工事」

6月20日
外構工事では、ポスト、インターホンを埋込んだ正面の塀と、階段の一部の花壇を本実型枠のコンクリート打っ放しとしました。

板目がコンクリートに写し出されて、自然な表情になりました。

また、フェンスはヒノキの板を曲げて交互に編むようにデザインしました。(曲げるのが大変だったそうです)
自分の家 - -
私の家造り(22)「キッチン」
私の家造り(22)「キッチン」
私の家造り(22)「キッチン」

6月10日
キッチンは、オーダーメイドで、「マードレ」の山根さんに製作をお願いしました。
デザインは、建物の雰囲気に合わせて、白色のフレームにオークのツキ板。
シンク側のトップは、2mmのステンレス、バイブレーション仕上。
ちょっと無理をお願いして、引出しのレールは、ブルモーション。
IH:ミーレ KM6311LPT
水栓:グローエ ミンタ31094000

オーダーならではの細部まで拘った、この住まいに合ったキッチンを造って頂きました。
自分の家 - -
| 1/6 | >>